ヤフオク出品に不向きな大物家具や大物家電は、ジモティーを利用しよう

couch-480486_640

以前に家の不要品をヤフオクで処分すれば稼げるという記事を書きました。
今すぐ現金が欲しけりゃ、ヤフオクで不要品を売りまくれ!
そんなヤフオクにも出品に不利な品物があります。それは家具や大物家電です。商品の状態や価値によっては一概には言えませんし、出品の仕方やモノによっては、もちろん高くで落札されることには変わりませんが、出品者の梱包の手間といい、落札者の送料負担が大きいのでヤフオクにとってはデメリットが占める割合が大きくなります。

家具や大物家電は送料が高いからヤフオクでは価値やお得感が弱まる

ヤフオクの市場は日本全国が対象です。それに伴い商品が落札されると、必然的にその地域までの送料が発生するわけで、これを負担するのは落札者(購入者)なのでその負担が大きいとあまりメリットがなくなってしまいます。

家具の場合は大物になるとヤマトのらくらく引っ越し便などを利用することになり、送料の割合が落札価格を超えたりもします。

東京から大阪の送料が1万円くらいになることも、普通に考えられますし、よっぽどの価値のあるものでない限りは双方にとってあまり美味しい結果になりません。

また出品者にとっては、発送の際にかかる梱包の費用と手間がかかります。

上記のことから、私が大物家具を出品したとき、直接引き取りに来る方への対応を試みてみましたが、ヤフオクユーザが好む取引が「ネット上で完結するものが多数を占めている事」と、「地域限定に市場が絞られてしまう」ため、その経験からはあまり良い結果にはなりませんでした。

そういう意味でもヤフオクは顔の見えないネットのみで取引を完結させることに向いているサービスと位置づけられます。

大物家具や大物家電は地域に特化した無料の掲示板広告 ジモティーがオススメ

ジモティー 無料の広告掲示板
地域に特化した無料掲示板のWEBサービスで、ヤフオクと同じように商品写真を撮影、説明文を書いて投稿するだけです。そして「欲しい人」から連絡を待つだけというシンプルなシステムです。

ヤフオクと違う点は、同じ地域の人同士に特化したサービスなので地元で直接会って現物を見て取引を成立させるシステムになります。

つまり、梱包、発送、決済などの面倒な手続きが一切なく、直接対面して現物を 直接見に来て、双方が納得してからの現金取引になるわけです。

安心安全でスムーズに事が運びますし、大物家具や大物家電を「処分したい人」や、それが「欲しい人」にとっては、双方にとって嬉しいサービスですね。

オプション機能に投稿を目立たせるための有料広告がある

基本的に無料で利用できますが、有料オプションのサービスでは、自分の商品を目立つ場所に掲載できる広告機能の提供も行なっています。

こちらのサービスは良心的な価格設定になっていて、1日あたり100円で広告掲載が利用できます。商品によっては費用対効果が十分にあると思いますので、この広告機能も有効に利用することができれば更に利用価値が上がりますね。

あなたが粗大ゴミに出す家具や家電は欲しい人が必ず存在する

日々の生活の中で、「まだ使えるし捨てるのはもったいない」という大物家具や家電を、事情により泣く泣く粗大ごみ業者にお金を払って出すケースはよくありますよね。

それとは逆に世の中には、あなたにとってのゴミが「必要だ!欲しい!安ければ買いたい!」という人も必ず存在します。

限られた知り合いや友人も、大物家具や家電はタイミング的に必要でなければほぼもらってもらえませんが、同じ地域にというフィールドに視野を向けることによって、自分も相手もWin-Winの関係が生まれるわけですね。

結果としてそういったニーズでヤフオク市場が存在するわけですが、大物家具の場合にはヤフオク一辺倒では無理があるので、このような地元に特化したサービスに目を向けることによって「処分したい人」と「欲しい人」のつながりが生まれますね。

まとめ

大物家具や大物家電はヤフオクでの取引になると梱包や発送の手間、送料の負担が大きくなるので、双方にとってあまり旨味がなく価値が薄い場合が多い。

輸送が大変な品物については、地元に特化した掲示板サービス「ジモティー」がおすすめ。

面倒な梱包、発送、決済などがなく直接会ってとの取引になるので、安心、安全でスムーズに取引が成立する。

あなたにとって「不要な粗大ごみ」は必ず「欲しい人」がいる。自分の地域に目線を向けることで双方が幸せになる。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です